男性作業員

夏の蜂退治は業者に相談が◯|業者選びは慎重に

イタチ被害にあった場合

いたち

山間部だけではなく、人里でもイタチの姿が見つかることがあります。のどかな風景ですが、近隣住民にとってはそうでもありません。畑の農作物や、庭などで飼育しているペットの鳥類や魚などが被害に遭遇することも考えられます。外での糞害や、食害だけではなく、イタチ被害は家の中でも起きる恐れがあります。イタチは小さな体を利用して、民家の隙間から侵入します。家の天井に住み着くことも多いです。夜間に天井からトタトタ、バタバタと騒ぐ音がしていたので確認したら、イタチが住み着いていたというケースもあります。そうなると、住居を取り戻すためにはイタチ駆除を行なうことが必要になります。しかし、イタチ駆除は自分で行なうと罪に問われる恐れがあります。鳥獣保護法により、動物は守られています。勝手に駆除したり、捕まえたりすることは禁止されているのです。そのため、専門業者に駆除を依頼する方が確実性も高く安心できます。また、上手く追い出す方法をとらないと、家の中にイタチを閉じ込めてしまいます。死体が腐敗すれば、ウジなどの虫だけではなく、体液でカビが湧くことも考えられます。二次被害や、大きな被害を避けるのなら、的確な方法でイタチ退治を行ないましょう。「イタチ駆除はかわいそうだ」と考えてしまう場合にも業者相談がオススメです。良い業者であれば、なるべく以降に沿うようにしてくれます。イタチ駆除だけではなく、捕獲後に、山間部などや川沿いといったイタチの本来生息しやすい環境に放すケースもあります。