男性作業員

夏の蜂退治は業者に相談が◯|業者選びは慎重に

種類で考える対策

困る女の人

ハチには沢山の種類がいます。退治する時にはその特性を考えて、注意をしなければなりません。例えば、都市部での被害が多いキイロスズメバチは、体は小さいですが凶暴性が強く、攻撃的です。スズメバチのため、強い毒を持っています。主な攻撃は毒の噴射と毒針です。同じスズメバチでも、日本最大のスズメバチであるオオスズメバチは、気性も荒く、強靭な顎を持っています。噛みつきなどの攻撃に転じてくる場合も多く、遭遇した場合には細心の注意が必要です。比較的穏やかなアシナガバチやミツバチは畑にとっての益虫とも言えます。ハチと言っても、このように多くの種類がいて、性質も異なるのです。退治する時も特性や攻撃方法を知らずに挑むと、リスクが増加します。薄い防御服でオオスズメバチ退治に挑むと、刺されて病院搬送される危険があります。オオスズメバチは、キイロスズメバチなどの小型ハチと違い、強靭な顎でやわな防護服を噛みちぎることができます。防護服に開けた穴から、侵入して攻撃を仕掛けてくるのでかなり危険です。ハチは習性上、春に巣を作り始め、夏頃に繁殖し、秋に新しい女王が育てられます。流れは基本的に一緒ですが、それぞれの性質の違いも理解していないと、退治は困難でしょう。専門の駆除業者に相談をすることで、安全に対策をすることができます。夏や秋ごろのハチの巣に対して、素人判断で駆除を行なうと大変危険です。ハチによっては巣を撤去しても、残党による被害も心配されます。