男の人

夏の蜂退治は業者に相談が◯|業者選びは慎重に

種類で考える対策

困る女の人

ハチ退治には、種類やと特性を把握して行なうことが重量です。リスクを少なく退治するには、経験豊富な駆除業者に相談して行なってもらうと安心です。凶暴性の増す夏や秋には素人判断で駆除を行なうと事故に繋がる恐れがあります。

Read

夏は虫の季節

蜂

夏になると、肌の露出も増え、虫刺されリスクが上がります。蚊だけではなく、アウトドアの際に蜂に遭遇する恐れもあるのです。庭の木下でバーベキューやガーデニング中に、蜂の巣を発見する場合もあります。夏は働き蜂の数も揃ってきており、巣の肥大化に比例して凶暴化が始まる時期です。庭でのパーティーの前に、注意深くチェックして駆除をしておきましょう。大体の蜂は木や枝などに巣を作ることが多いです。しかし、危険なキイロスズメバチなどは民家の軒下に巣を作ることもあります。普段入らない倉庫、最近近づいてない家の裏側などに巣ができているかもしれません。蜂の巣は夏にはもう、ある程度大きくなっています。蜂の数や行動から比較的すぐに巣を見つけることができるでしょう。場所を特定したら、すぐに退治を検討しましょう。肥大化や、種類によっては早めの対策が重要ですが、業者選びをする場合には、即決はせず数社から現地見積もりをとってもらい、退治しましょう。状況や、退治方法など細かい意向も聞いてくれる会社を選ぶと安心です。特に、子供が遊ぶような場所に巣がある場合には、安全な退治方法を選ばなければなりません。殺虫剤のタイプや、有害なものを使用しない方法についても相談をすると良いでしょう。業者に相談することで、蜂の性質や巣の場所に合わせた対策をとってもらうことができます。悪徳業者も中にはいるため、まずは焦らず、見積もりを依頼して信頼できる業者から選びましょう。

イタチ被害にあった場合

いたち

イタチ駆除は、自身で行なうと鳥獣保護法により罰則を受ける恐れがあります。二次被害を防ぐためにも、きちんとした業者に依頼して、イタチにも、自分にも良い最良の選択を行ないましょう。

Read

その対策で問題ないか

イタチ

イタチ被害で、捕獲検討する場合はしっかりと個体数を把握して行なうことが重要です。効率的で、お互いに優しい方法を選びましょう。イタチに転居を促すには、業者にお願いして対策しましょう。

Read